卓球の元女王死去/ルーマニア

2006/02/23 14:16

 

 卓球の元世界女王、アンジェリカ・ロゼアヌさん(ルーマニア)が21日、イスラエルのハイファにある娘宅で死去した。84歳だった。22日にルーマニア卓球連盟が発表した。つい最近、肝硬変と診断されていた。

 ロゼアヌさんは1950−55年に世界選手権女子シングルスで6連覇した。(ブカレストAP=共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459