広山がブラガと1年契約/ポルトガルの中堅クラブ

2002/07/27 19:36

 

 サッカーの元日本代表MF広山望(25)がポルトガル1部リーグの中堅クラブ、ブラガと1年契約を結んだことが27日、明らかになった。広山の代理人によると、既に現地でメディカルチェックを済ませており、背番号は「8」に決まった。

 広山の保有権を主張するJリーグ1部(J1)の市原は「何も聞いていない」とし、両クラブ間での移籍金交渉を求める意向。これに対し、広山の代理人は「国際サッカー連盟(FIFA)から自由契約選手と認められており、移籍金は発生しない」と説明。保有権はパラグアイの2部クラブを通じてブラガに移り、移籍証明書もパラグアイ協会から発行されるという。

 広山は市原からの期限付きで移籍したパラグアイのセロ・ポルテーニョで活躍。ことし3月、ブラジルのスポルチと契約したが、市原側と話がこじれ、就労ビザが出ずに練習生扱いとなっていた経緯がある。

 ブラガはポルトガル北部のクラブで昨季10位。今季のリーグ開幕は8月下旬に予定されているが、保有権をめぐって市原側と代理人の見解が対立しており、今後の展開が注目される。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459