競泳自由形の平野が引退/長距離のエース、指導者へ

2001/09/07 19:02

 

 競泳男子1500メートル自由形の日本記録保持者で、アトランタ、シドニー両五輪代表の平野雅人(26)が引退することが7日、分かった。

 平野は7月の世界選手権後に引退を決意したという。所属するミキハウスは退社し、来年からは日大職員として水泳部のコーチを務める。

 神奈川県出身の平野は、自由形長距離のエースとして長年活躍した。1994年世界選手権の1500メートルで決勝に進み、6位に入賞。日本選手権では昨年まで1500メートルを7連覇。アトランタ五輪1500メートルでは、自由形の日本男子選手としては東京五輪以来、32年ぶりに決勝進出を果たして6位と健闘し、シドニー五輪でも15分14秒43の日本記録をマークした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459