天気予報を見る
 
新聞購読申込

水沼が初の世界競泳代表で会見/「東京五輪へのワンステップ」

2019/04/17 17:42

 記者会見で新潟医療福祉大水泳部の下山好充監督(左)と握手する競泳男子の水沼尚輝=17日、新潟市北区
 記者会見で新潟医療福祉大水泳部の下山好充監督(左)と握手する競泳男子の水沼尚輝=17日、新潟市北区

 競泳の男子100メートルバタフライで初の世界選手権(7月・韓国)代表に決まった水沼尚輝(新潟医療福祉大職)が17日、新潟市で記者会見し「世界選手権は東京五輪へのワンステップ。メダルを取って帰ってくる」と力強く宣言した。

 地方の大学を練習拠点とする選手が日本代表入りするのは最近では珍しい。「地方の大学出身でも頂点に立てると証明すべく、世界選手権に挑みたい」と述べた。

 会見には水沼を指導する新潟医療福祉大水泳部の下山好充監督も同席。「初めての世界選手権だが、信念を曲げず、自分のプラン通りのレースをしてほしい」とエールを送った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.