天気予報を見る
 
新聞購読申込

テニスで25秒クロック導入/男子ツアー、来年から

2019/03/15 09:45

 【ジュネーブ共同】男子テニスのツアーを統括するATPが、ポイント間で次のサーブを打つまでの制限時間を25秒とする「ショットクロック」を2020年から全大会で導入する。ロイター通信が14日までに報じた。

 遅延行為を防止し、試合をスピードアップすることが目的。会場に設置された電光掲示板に残り秒数が表示される。「ショットクロック」は、次世代の有力選手を集めた17年の大会で初めて導入され、四大大会ではすでに昨年の全米オープンと今年の全豪オープンで適用された。

 昨年の大会で「ショットクロック」を体験した錦織圭は、「時間に追われている感じで気になった」と話していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.