天気予報を見る
 
新聞購読申込

WADA、北朝鮮を「不適格」/ドーピング検査態勢不備で

2019/02/14 19:53

 【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は13日、北朝鮮の反ドーピング機関を国際基準の規定を順守していない「不適格組織」に認定したと発表した。昨年9月の常任理事会で検査態勢の不備を指摘して4カ月の猶予期間を与えていたが、改善が見られなかった。検査態勢が改善されなければ、自国での国際大会開催が困難となる。

 2020年東京五輪での南北合同チーム結成や、共催を目指す32年夏季五輪招致について国際オリンピック委員会(IOC)と北朝鮮、韓国が協議する15日の3者会談で、この問題も取り上げられるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.