天気予報を見る
 
新聞購読申込

セーリングGP、15日に開幕/最高時速100キロの迫力レース

2019/02/13 20:26

 セーリングGPシリーズに参加する日本チームの早福和彦COO。後ろは日本の双胴船の帆=13日、シドニー(共同)
 セーリングGPシリーズに参加する日本チームの早福和彦COO。後ろは日本の双胴船の帆=13日、シドニー(共同)

 【シドニー共同】セーリングのグランプリ(GP)シリーズが15日、日本など6チームが参加してシドニーで開幕する。双胴船が最高時速約100キロで疾走する迫力あるレースが魅力だ。日本チームの早福和彦最高執行責任者(COO)は「将来性のある大会。日本がスタートに立つ意義は大きい」と期待感を口にした。

 GPシリーズは今年に始まり、日本、オーストラリア、中国、フランス、英国、米国の6カ国の国別対抗で争う。世界を転戦し、9月までに5大会を実施。総合優勝チームが賞金100万ドル(約1億1千万円)を獲得する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.