天気予報を見る
 
新聞購読申込

男子大回転、日本勢は途中棄権/W杯第6戦、ヒルシャー8勝目

2019/01/13 00:02

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は12日、スイスのアデルボーデンで男子大回転第6戦が行われ、1回目が終了して平昌冬季五輪代表の石井智也(ゴールドウイン)と新賢範(Brain)、成田秀将(カワサキフィールドSC)の日本勢はいずれも途中棄権した。

 マルセル・ヒルシャー(オーストリア)が合計2分26秒54で今季8勝目、通算66勝目を挙げた。昨年12月のW杯男子大回転で1位になったシュテファン・ルイツ(ドイツ)がレース中に禁じられた酸素吸入を行ったとして記録取り消しとなり、ヒルシャーの勝利数が1増えた。(共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.