天気予報を見る
 
新聞購読申込

日清食品Gが駅伝から撤退/陸上部縮小で

2019/01/11 13:17

 2015年1月、全日本実業団対抗駅伝の4区で力走する日清食品グループの村沢明伸(右端)=群馬県太田市
 2015年1月、全日本実業団対抗駅伝の4区で力走する日清食品グループの村沢明伸(右端)=群馬県太田市

 日清食品グループは11日、全日本実業団対抗駅伝を2度制した強豪の陸上競技部を縮小し、駅伝から撤退すると発表した。9月15日に行われるマラソンの2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得済みの佐藤悠基選手、村沢明伸選手のサポートは続ける見通し。

 選手らには既に「世界を目指す選手の競技活動をサポートする体制に切り替える」との方針転換を説明。男子の14選手が所属しており、希望者には他チームへの移籍に協力する。入社予定だった大学生の2人も他チームで活動を続けられるよう支援するという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.