天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

ジャンプ、高梨が今季初の2位/W杯女子札幌大会・最終日

2018/01/14 13:50

 2位になり表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅(手前)。上は優勝したマーレン・ルンビ、右は3位のカタリナ・アルトハウス=宮の森
 2位になり表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅(手前)。上は優勝したマーレン・ルンビ、右は3位のカタリナ・アルトハウス=宮の森

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会最終日は14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で個人第6戦(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、平昌冬季五輪代表の高梨沙羅は90メートル、93メートルの合計231・4点で今季初めて2位に入った。ジャンプの男女を通じて歴代単独最多となる通算54勝目は次戦以降に持ち越しとなった。

 伊藤有希は87メートル、90メートルの218・5点で5位。マーレン・ルンビ(ノルウェー)が95・5メートル、2回目に最長不倒の98・5メートルを飛び、251・6点で3連勝し、今季4勝目、通算8勝目を挙げた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.