天気予報を見る
 
新聞購読申込

女子3メートル板で渋沢が初優勝/飛び込み日本選手権第1日

2009/04/03 20:23

 女子3メートル板飛び込みで優勝した渋沢小哉芳=東京辰巳国際水泳場
 女子3メートル板飛び込みで優勝した渋沢小哉芳=東京辰巳国際水泳場

 世界選手権などの代表選考会を兼ねた飛び込みの日本選手権は3日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、女子3メートル板飛び込みは5日に25歳になる渋沢小哉芳(セントラルネクスト21)が289・20点で初優勝した。

 14歳の馬淵優佳(JSS宝塚)が275・20点で2位、北京五輪高飛び込み代表の中川真依(金沢学院大)は3位。

 坂井丞(神奈川・麻布大渕野辺高)は男子1メートル板飛び込みを361・00点で、村上和基(上武大)と組んだシンクロ板飛び込みを369・42点で、ともに初制覇した。女子シンクロ板飛び込みは富山香奈子、倉沢歩組(群馬ク)が266・34点で初めて勝った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.