天気予報を見る
 
新聞購読申込

タイムパラドックスが優勝/公営競馬の帝王賞

2005/06/29 21:59

 公営競馬の指定交流レース、第28回帝王賞(統一G1)は29日、東京の大井競馬場で、中央馬5頭を含む13頭がダート2000メートルで争い、2番人気の中央馬タイムパラドックス(武豊騎乗)が2分3秒5で優勝、賞金7000万円を獲得した。

 前半は7、8番手を進んだタイムパラドックスは3コーナーから徐々に前に進出、直線で力強く抜け出し、2着のストロングブラッドに1馬身1/2差をつけた。逃げたナイキアディライトが3着に粘った。

 払戻金は単勝370円、枠連は(6)−(7)で1530円、枠単は(7)−(6)で2630円、馬連は(9)−(10)で1630円、馬単は(10)−(9)で2700円。3連複は(1)−(9)−(10)で1820円、3連単は(10)−(9)−(1)で1万1700円。ワイドは(9)−(10)が520円、(1)−(10)が270円、(1)−(9)が610円だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.