天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本水連、青木会長続投へ/泉副会長は定年で退任

2019/05/25 18:26

 6月に役員を改選する日本水連は25日、東京都内で役員候補者選考委員会を開き、青木剛会長(72)を続投させる方針を固めた。任期は2年。就任時に70歳未満とする役員の年齢に関する規定があるが、会長経験者は例外とするよう、2年前に改定していた。

 泉正文副会長(70)は定年で退任する。坂元要専務理事(63)ら、ほかの幹部は続投し、来年の東京五輪へ体制を維持する。新役員は6月23日の評議員会で正式に選ばれ、新たな理事の互選で会長などの役職を決める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.