天気予報を見る
 
新聞購読申込

F1世界王者3度のラウダ氏死去/オーストリア出身、70歳

2019/05/21 12:36

 F1が日本で初開催された富士スピードウェイでのニキ・ラウダ(右)。左はライバルだったジェームズ・ハント=1976年10月(AP=共同)
 F1が日本で初開催された富士スピードウェイでのニキ・ラウダ(右)。左はライバルだったジェームズ・ハント=1976年10月(AP=共同)

 【ロンドン共同】自動車のF1シリーズで3度の世界王者に輝いたオーストリア出身の名ドライバー、ニキ・ラウダ氏が20日、死去した。70歳だった。AP通信などによると、ラウダ氏の家族がオーストリアのメディアに対して「安らかに息を引き取った」と明らかにした。

 ラウダ氏はフェラーリに所属した1975年に初の世界チャンピオンとなり、翌年のドイツ・グランプリ中の事故で大やけどを負ったが、6週間後にレースに復帰し「奇跡の復活」と称された。この年、ジェームズ・ハントと演じた激しいチャンピオン争いは「ラッシュ プライドと友情」として映画化された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.