天気予報を見る
 
新聞購読申込

橋元が男子200メートル3連覇/東日本実業団陸上最終日

2019/05/19 18:52

 男子砲丸投げで優勝した中村太地=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
 男子砲丸投げで優勝した中村太地=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 男子200メートルで3連覇した橋元晃志=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
 男子200メートルで3連覇した橋元晃志=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 陸上の東日本実業団選手権最終日は19日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、男子200メートルは橋元晃志(富士通)が向かい風1・1メートルの条件下、21秒38で3連覇した。

 男子砲丸投げは日本記録保持者の中村太地(ミズノ)が大会新の18メートル14で快勝。同走り幅跳びは佐久間滉大(横浜リテラ)が7メートル81、女子800メートルは卜部蘭(Uran)が大会新の2分6秒05で勝った。

 視覚障害5000メートルの男子は堀越信司(NTT西日本)、女子は道下美里(三井住友海上)がそれぞれ制した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.