天気予報を見る
 
新聞購読申込

JADA、ドーピング検査で研修/五輪に向け態勢強化、14人参加

2019/05/19 16:24

 ドーピング検査の研修をする検査員ら=19日、東京都内
 ドーピング検査の研修をする検査員ら=19日、東京都内

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は19日、ドーピング検査の検査員への研修を東京都内で行った。今秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会や2020年東京五輪・パラリンピックに向けての態勢強化が狙いで、約2年前から養成されている検査員ら14人が参加した。

 研修は競技会以外での抜き打ち検査を想定。検査員役と選手役に分かれて、ホテルや自宅を訪問している状況をつくり、尿検査の手順を行った。参加した名取直樹さんは「作業場所が限られていたり、設備が整わない中でやらないといけない難しさが勉強になった」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.