天気予報を見る
 
新聞購読申込

NFL、全体1位は二刀流マレー/ドラフト会議、2位はボサ

2019/04/26 10:44

 カージナルスから全体1位指名を受け、グッデル・コミッショナー(右)とポーズをとるオクラホマ大のQBマレー=25日、ナッシュビル(AP=共同)
 カージナルスから全体1位指名を受け、グッデル・コミッショナー(右)とポーズをとるオクラホマ大のQBマレー=25日、ナッシュビル(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFLのドラフト会議が25日、テネシー州ナッシュビルで始まり、カージナルスが全体1位で、昨年末に大学フットボール年間最優秀選手賞のハイズマン・トロフィーを獲得したオクラホマ大のQBカイラー・マレーを指名した。

 21歳のマレーは「二刀流」選手として知られ、野球では外野手として活躍。昨年6月の大リーグのドラフト会議でもアスレチックスに1巡目(全体9位)で指名されたが、今年2月にNFL入りを表明した。

 全体2位ではフォーティナイナーズがオハイオ州立大のDEニック・ボサを指名。ボサの兄ジョーイはチャージャーズに所属している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.