天気予報を見る
 
新聞購読申込

走り幅跳び橋岡が歴代2位で優勝/100障害木村もV、アジア陸上

2019/04/25 07:30

 男子走り幅跳び決勝 日本歴代2位の8メートル22で優勝した橋岡優輝=ドーハ(共同)
 男子走り幅跳び決勝 日本歴代2位の8メートル22で優勝した橋岡優輝=ドーハ(共同)

 女子100メートル障害決勝 13秒13で優勝した木村文子=ドーハ(共同)
 女子100メートル障害決勝 13秒13で優勝した木村文子=ドーハ(共同)

 男子1600メートルリレーで優勝し、日の丸を背にポーズをとる(右から)ウォルシュ、佐藤、伊東、若林の日本チーム=ドーハ(共同)
 男子1600メートルリレーで優勝し、日の丸を背にポーズをとる(右から)ウォルシュ、佐藤、伊東、若林の日本チーム=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】陸上のアジア選手権最終日は24日、ドーハで行われ、男子走り幅跳びで20歳の橋岡優輝(日大)が日本歴代2位で今季世界最高に並ぶ8メートル22を跳んで優勝した。

 1600メートルリレーの男子は日本(ウォルシュ、佐藤、伊東、若林)が3分2秒94で優勝。女子の日本(広沢、青山、武石、岩田)は3分34秒88で3位だった。女子100メートル障害は木村文子(エディオン)が13秒13で制し、青木益未(七十七銀行)が3位。男子走り高跳びは衛藤昂(味の素AGF)が2メートル29で2位、戸辺直人(JAL)が2メートル26で3位となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.