天気予報を見る
 
新聞購読申込

早大野球部小宮山新監督が初采配/30年ぶり母校ユニホーム

2019/04/20 16:39

 東京六大学リーグで初采配となった東大戦で、選手交代を告げる早大の小宮山悟新監督=20日、神宮球場
 東京六大学リーグで初采配となった東大戦で、選手交代を告げる早大の小宮山悟新監督=20日、神宮球場

 プロ野球通算117勝の右腕で、米大リーグのメッツでもプレーした早稲田大野球部の小宮山悟新監督(53)が20日、神宮球場で行われた東京大戦で東京六大学リーグの初采配を振った。1925年創設の同リーグでメジャー経験者が指揮を執ったのは初めて。試合は13―1と大勝した。

 今年1月に母校の監督に就任。リーグ戦で胸にえんじ色「WASEDA」のユニホームに袖を通すのは、86年から4年間で20勝を挙げた大学時代以来で30年ぶりだ。プロでのトレードマークだったサングラス姿でベンチから指示を与え、試合後「選手がよく頑張った」とたたえた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.