天気予報を見る
 
新聞購読申込

W杯ジャンプ、小林陵侑13勝目/日本最長記録の252メートル

2019/03/24 20:29

 W杯ジャンプ男子個人最終第28戦で優勝し、歓声に応える小林陵侑=プラニツァ(AP=共同)
 W杯ジャンプ男子個人最終第28戦で優勝し、歓声に応える小林陵侑=プラニツァ(AP=共同)

 【プラニツァ(スロベニア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は24日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人最終第28戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、今季の個人総合王者で22歳の小林陵侑(土屋ホーム)が252メートル、230・5メートルの合計464・9点で今季、通算ともに13勝目を挙げた。

 W杯ジャンプ男子のシーズン13勝は、2015〜16年シーズンにペテル・プレブツ(スロベニア)がマークした15勝に次いで2番目に多い。

 小林陵は、自らがつくった日本最長記録を更新するとともに、ジャンプ台記録も塗り替えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.