天気予報を見る
 
新聞購読申込

廃部のIH日本製紙が記念試合/満員のファン最後惜しむ

2019/03/24 19:46

 王子との「メモリアルマッチ」を終えた上野拓紀主将(手前)ら日本製紙の選手たち=24日、東京・DyDoアリーナ
 王子との「メモリアルマッチ」を終えた上野拓紀主将(手前)ら日本製紙の選手たち=24日、東京・DyDoアリーナ

 廃部が決まっているアイスホッケーの日本製紙が24日、東京・DyDoアリーナで王子との「メモリアルマッチ」に臨み、アジア・リーグなどで争ってきた長年のライバルとぶつかり合った。

 約70年の歴史を持つチームの最後の試合。席を埋めた約1800人のファンが声援を送った。存続を求めるファンの署名活動では1月から9万人以上が集まり、今月末に本拠地の釧路商工会議所に提出するという。

 試合は5―5からのペナルティーショット(PS)戦で王子が勝利。有終の美は飾れなかったが、日本製紙の小林弘明監督(47)は「十分に楽しめた。感謝の気持ちでいっぱい」としみじみ語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.