天気予報を見る
 
新聞購読申込

陸上、桐生が今季初戦10秒08/200メートルは自己記録

2019/03/23 21:07

 男子100メートルの2レース目、10秒08の桐生祥秀=ブリスベン(共同)
 男子100メートルの2レース目、10秒08の桐生祥秀=ブリスベン(共同)

 【ブリスベン(オーストラリア)共同】陸上の競技会が23日、オーストラリアのブリスベンで行われ、男子100メートルで日本記録保持者の桐生祥秀は追い風2・0メートルだった2レース目で10秒08をマークして1位となった。200メートルも自己ベストの20秒39で1位。今季初戦で、両種目とも世界選手権(9〜10月・ドーハ)の参加標準記録を突破した。

 100メートルで川上拓也は10秒24で4位、ケンブリッジ飛鳥は10秒35で8位だった。桐生の1レース目は10秒22。

 男子400メートルのウォルシュ・ジュリアンは46秒28で1位。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.