天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ指導者の暴言暴力は反則に/日本協会、4月から国内全試合で

2019/03/21 18:32

 日本バスケットボール協会は21日、東京都内で臨時評議員会を開き、試合中に選手に対して暴力や暴言があった指導者をテクニカルファウルの対象とすることを報告した。タイムアウト時も適用され、テクニカルファウル2度で退場処分となる。4月から国内の全ての試合で適用される。

 日本協会によると、全国高体連に報告された2014年以降の体罰認定件数はバスケットボールが全競技で最多。協会は最優先課題として「暴力暴言根絶」を掲げて昨年12月にインテグリティ委員会を新設し、1月の第1回委員会で方針を決めた。宇田川貴生委員長は「選手をどなる行為をなくそうという狙い」と説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.