天気予報を見る
 
新聞購読申込

ジャンプのすごさ数値化/世界フィギュアで導入

2019/03/20 18:37

 20日に開幕したフィギュアスケートの世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)でジャンプの飛距離や高さなどをリアルタイムで計測し、テレビ画面に表示する「アイスコープ(I―Scope)」が国際映像で初めて使用された。中継するフジテレビが映像解析を手掛ける「Qoncept(コンセプト)」社と開発したシステムで、男子の羽生結弦選手(ANA)ら一流スケーターの技術の視覚化、数値化を図る。

 世界選手権では2台の計測用カメラで選手の動きを捉えた。ジャンプの踏み切り直前から着氷までのデータが中継映像と連動して示される仕組みで、測定値を基に各選手の跳び方の比較も可能。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.