天気予報を見る
 
新聞購読申込

ラグビーのウルグアイ代表が視察/9月開幕のW杯、岩手・釜石会場

2019/03/18 18:15

 9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の会場の一つ、釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)を、ウルグアイ代表のチームマネジャー、サンティアゴ・スリンガー氏(48)が18日、視察した。W杯の同スタジアムの試合でウルグアイ代表は、フィジー代表と対戦する。

 スリンガー氏は、グラウンドを歩いて芝の状態を確認したほか、ロッカールームや観客席を見て回った。視察後、報道陣の取材に「すごく新しくてきれいだった。フィジーは世界のトップレベルに近く、厳しい戦いになるだろう」と話した。

 同スタジアムは東日本大震災の津波で全壊した小中学校の跡地に建てられた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.