天気予報を見る
 
新聞購読申込

開催国枠は選手選考なし/東京五輪スポーツクライミング

2019/03/15 16:32

 取材に応じる国際スポーツクライミング連盟のマルコ・スコラリス会長=15日、東京都港区
 取材に応じる国際スポーツクライミング連盟のマルコ・スコラリス会長=15日、東京都港区

 国際スポーツクライミング連盟(IFSC)のマルコ・スコラリス会長(60)が15日、解釈が明確でなかった2020年東京五輪の開催国枠の扱いについて、世界選手権や五輪予選などの指定大会で出場権獲得対象の日本選手が男女それぞれ2人出た場合は、開催国枠の選手選考をする必要はなく、当該2選手が五輪に出場すると説明した。IFSC理事会が開かれている東京都内で共同通信の取材に応じた。

 東京五輪は指定大会を勝ち抜いた選手個人に出場権が与えられ、8月に東京都八王子市で行われる世界選手権では複合で7位以内が獲得の条件。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.