天気予報を見る
 
新聞購読申込

走り高跳び、戸辺直人が優勝/2m34、世界室内ツアー最終戦

2019/02/21 14:49

 男子走り高跳びで2メートル34をクリアする戸辺直人=デュッセルドルフ(共同)
 男子走り高跳びで2メートル34をクリアする戸辺直人=デュッセルドルフ(共同)

 男子走り高跳びで優勝した戸辺直人=デュッセルドルフ(共同)
 男子走り高跳びで優勝した戸辺直人=デュッセルドルフ(共同)

 【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】陸上男子走り高跳びの戸辺直人(つくばツインピークス)が20日、ドイツのデュッセルドルフで行われた世界室内ツアー最終戦を2メートル34の好記録で制し、同ツアー3連勝で日本選手初の総合優勝を果たした。2日の第2戦(カールスルーエ=ドイツ)で日本記録を13年ぶりに塗り替える2メートル35をマークした26歳のジャンパーが、波に乗っている。

 「最高の状態じゃない中で2メートル34を跳べて、30台後半や40も見えてきた。世界選手権のメダルや優勝も現実的に狙える位置にいる」。戸辺の言葉は自信に満ちている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.