天気予報を見る
 
新聞購読申込

米大バスケ、八村が最多22得点/主軸の働きでチーム勝利

2019/02/17 17:17

 サンディエゴ大戦に出場したゴンザガ大の八村塁=サンディエゴ(AP=共同)
 サンディエゴ大戦に出場したゴンザガ大の八村塁=サンディエゴ(AP=共同)

 【サンディエゴ共同】バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁は16日、敵地でのサンディエゴ大戦に先発し、38分の出場でともに両チーム最多の22得点、10リバウンドだった。チームは79―67で勝ち、連勝を16に伸ばした。

 30―30で迎えた後半にチームを引っ張った。得意の中距離のシュートを難なく沈めた。空中でパスを受け取りそのままダンクシュートを決めた時にはほえるほどの気合の入りよう。フル出場した後半だけで16点を挙げた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.