天気予報を見る
 
新聞購読申込

セーリング初日、日本が総合首位/GP開幕戦

2019/02/15 18:17

 第3レースで航行する日本艇(中央)=シドニー(共同)
 第3レースで航行する日本艇(中央)=シドニー(共同)

 【シドニー共同】新たに創設されたセーリングの国別対抗戦、グランプリ(GP)シリーズは15日、シドニーで開幕して参加全6チームによるレースが3度行われ、日本が総合首位に立った。日本は1位、2位、2位で合計28点だった。地元オーストラリアが27点で2位につけた。1位10点、2位9点…6位5点、と順位が一つ下がるごとに1点ずつ減じた得点が与えられる。

 16日にさらに2レースを行った後、総合上位2チームによるマッチレースで勝者を決める。日本は笠谷勇希、高橋レオのほか、操舵手のネーサン・アウタリッジ(オーストラリア)ら外国選手3人が出場した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.