天気予報を見る
 
新聞購読申込

スケート斎藤選手、けん責処分へ/平昌五輪でドーピング陽性

2019/01/22 02:00

 国際スケート連盟(ISU)が、昨年2月の平昌五輪での抜き打ちドーピング検査で利尿作用のある禁止物質アセタゾラミドに陽性反応を示したスピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手(22)について、本人側に「重大な過誤、過失はない」と認め、軽度な「けん責」処分とする方針であることが21日、分かった。

 ISUと斎藤選手に対して審理を進めていたスポーツ仲裁裁判所が最終的な裁定結果を近く出す見通し。一般的に「けん責」は本人がドーピング目的使用でないことを立証し、物質が体内に入った経路を明確に説明できた場合などに適用されるもので極めて異例のケースとなる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.