天気予報を見る
 
新聞購読申込

大橋悠依、平泳ぎで自己新連発/短水路記録会で今年初の実戦

2019/01/20 17:40

 短水路の記録会で自己ベストをマークした大橋悠依の200メートル平泳ぎ=東京都豊島区
 短水路の記録会で自己ベストをマークした大橋悠依の200メートル平泳ぎ=東京都豊島区

 競泳女子の大橋悠依が20日、東京都豊島区で行われた短水路(25mプール)の記録会で今年初の実戦に臨み、100m平泳ぎで1分7秒58、200m平泳ぎで2分22秒99のいずれも自己ベストをマークした。「キックがぐっと掛かる感覚を得られた」と笑顔で語った。

 100mは従来の自己記録を0秒01塗り替え、200mは1秒46と大幅に更新した。年末年始もみっちり泳ぎ込むなど順調に強化しており「毎日しっかり頑張れたし、去年よりレベルが上がっている」と手応え十分だった。

 男子の萩野公介は100m自由形など専門外の3レースをこなした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.