天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本初参加の五輪観戦記見つかる/金栗四三の様子も、広島・広陵高

2019/01/19 16:47

 旧制広陵中の校内誌に掲載されたストックホルム五輪の観戦記「瑞典通信」
 旧制広陵中の校内誌に掲載されたストックホルム五輪の観戦記「瑞典通信」

 日本がオリンピックに初参加した1912年のストックホルム大会の観戦記が、広島市の広陵高に保管されていたことが19日、分かった。NHK大河ドラマ「いだてん」の主人公でマラソンに出場した金栗四三らの様子が記され、惨敗に終わった日本選手団について科学的トレーニングの導入が急務と指摘している。

 日本では同大会の正式な報告書は作成されておらず、専門家は「国内スポーツ黎明期の事情が分かる貴重な資料」と評価する。

 見つかったのは旧制広陵中の体育教師で、新聞社の特約通信員の肩書で選手団に同行した藤重源が、校内誌に寄稿した「瑞典通信」。競技の様子などを伝えている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.