天気予報を見る
 
新聞購読申込

セーリングの重由美子さん葬儀/アトランタ五輪で日本初メダル

2018/12/13 18:25

 1996年アトランタ五輪セーリング女子470級銀メダリストで、9日に53歳で死去した重由美子さんの葬儀・告別式が13日、佐賀県唐津市で営まれた。92年バルセロナ五輪から3大会連続でペアを組み、96年に同競技で日本勢初のメダル獲得をともに果たした木下(現姓深堀)アリーシアさんら約300人が参列した。

 木下さんは「弱かった自分を支えてくれて、大きな舞台に連れて行ってくれた」と感謝を述べた。72年ミュンヘン五輪代表で、重さんらのコーチだった松山和興さん(76)は「まさか君の弔辞を読むことになろうとは思わなかった。ともに戦えたことは私の誇り」と別れを惜しんだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.