天気予報を見る
 
新聞購読申込

競馬のジャパンカップ追い切り/アーモンドアイ、仕上がり万全

2018/11/21 15:49

 ジャパンカップの最終追い切りで、絶好の動きを披露したアーモンドアイ(右)=美浦トレーニングセンター
 ジャパンカップの最終追い切りで、絶好の動きを披露したアーモンドアイ(右)=美浦トレーニングセンター

 競馬の第38回ジャパンカップ(25日・東京2400メートル芝、G1)の最終追い切りが21日、東西(美浦、栗東)のトレーニングセンターで行われ、牝馬3冠を制したアーモンドアイが美浦のBW(ウッドチップ)で絶好の動きを披露し、ジェンティルドンナ以来の3歳牝馬制覇へ、万全の仕上がりをアピールした。

 クリストフ・ルメール騎手が騎乗し併せ馬。2馬身追走する形からラスト200メートルでゴーサインが出ると、反応良く伸びて楽々と4馬身先着した。ルメール騎手は「秋華賞時より、馬がリラックスしている。コンディションは上がっている」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.