天気予報を見る
 
新聞購読申込

小平奈緒、500mで30連勝/スピードW杯第1日

2018/11/16 19:06

 女子団体追い抜き 2分57秒80で優勝した(右から)高木美、佐藤、高木菜=明治北海道十勝オーバル
 女子団体追い抜き 2分57秒80で優勝した(右から)高木美、佐藤、高木菜=明治北海道十勝オーバル

 女子500メートル 優勝した小平奈緒=明治北海道十勝オーバル
 女子500メートル 優勝した小平奈緒=明治北海道十勝オーバル

 スピードスケートのワールドカップ第1戦は16日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕し、女子500メートルで平昌冬季五輪女王の小平奈緒が37秒49で優勝した。この種目では2季前から国内外で30レース無敗。世界記録を保持する1000メートルと合わせてW杯通算20勝に到達した。

 辻麻希が3位に入り、高木美帆は6位。

 女子団体追い抜きは高木美、高木菜那、佐藤綾乃で組んだ平昌五輪金メダルの日本が2分57秒80で優勝した。W杯では2季前から8連勝となった。

 男子は500メートルで初出場の22歳、新浜立也が34秒87で3位に入った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.