天気予報を見る
 
新聞購読申込

スポーツ政策で学術会議に要請/科学的根拠、運動効果可視化へ

2018/11/15 19:15

 スポーツ庁の鈴木大地長官は15日、科学的な根拠に基づくスポーツ政策の立案を加速させるため、国内の科学者を代表する組織の日本学術会議に協力を要請した。スポーツをすることによる医療費の削減効果や、学習、認知の能力向上に与える影響などの可視化を目指す。パワーハラスメントや暴力が頻繁に起きるメカニズムも分析してもらう。

 コンピューターゲームで腕前を競う「eスポーツ」が人気となっている実情を踏まえ、スポーツとしてどこまで扱うべきかも検討課題とした。学術会議は2020年9月ごろまでに回答する予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.