天気予報を見る
 
新聞購読申込

野球、高松商と札幌大谷が4強/環太平洋大、関西国際大も

2018/11/11 20:17

 創価大戦に先発した関西国際大・武次=神宮
 創価大戦に先発した関西国際大・武次=神宮

 第49回明治神宮野球大会第3日は11日、神宮球場で準々決勝が行われ、高校の部は高松商(四国)と初出場の札幌大谷(北海道)が準決勝へ進んだ。大学の部は環太平洋大(中国・四国)が2年連続、関西国際大(関西2)が初の4強入りを決めた。

 高松商は6―4の八回に立岩が3点本塁打を放ち、八戸学院光星(東北)を9―6で破った。札幌大谷は7―3で国士舘(東京)を退けた。環太平洋大は法大(東京六大学)に4―2で逆転勝ちし、関西国際大は創価大(関東1)を4―2で下した。

 高校はベスト4が出そろい、12日の準決勝は星稜(北信越)―高松商、札幌大谷―筑陽学園(九州)の顔合わせ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.