天気予報を見る
 
新聞購読申込

スポーツ庁、ゲイツ財団と連携/貧困や飢餓の撲滅目指す

2018/11/09 13:26

 記者会見であいさつするビル・ゲイツ氏=9日午前、東京都千代田区
 記者会見であいさつするビル・ゲイツ氏=9日午前、東京都千代田区

 スポーツ庁と、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と妻が設立した財団は9日、2020年東京五輪・パラリンピックを契機として、スポーツを通じて国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する新たなプロジェクトを推進すると発表した。

 SDGsは貧困や飢餓の撲滅、質の高い教育の提供、男女平等の実現などを目指し、30年までの目標を設定している。来年から始める今回のプロジェクトでは、国内外のアスリートが非政府組織(NGO)と連携してSDGsの達成に向けて活動し、ゲイツ氏の財団が資金などを提供する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.