天気予報を見る
 
新聞購読申込

米体操協会の会長代行が辞任/ナイキ広告に批判ツイートで

2018/10/17 09:13

 辞任した米国体操協会のメアリー・ボノ会長兼CEO代行=2011年2月12日、ワシントン(AP=共同)
 辞任した米国体操協会のメアリー・ボノ会長兼CEO代行=2011年2月12日、ワシントン(AP=共同)

 【ヒューストン共同】米国体操協会のメアリー・ボノ会長兼最高経営責任者(CEO)代行が16日、プロフットボールNFLの元フォーティナイナーズ(49ers)のQBコリン・キャパニック選手を広告塔に起用したスポーツ用品大手のナイキを批判するツイートをしたことで、辞任した。複数の米メディアが報じた。

 人種差別に抗議の意を示すために国歌斉唱の際に膝をついたキャパニック選手を起用したナイキに対し、ボノ会長代行は同社のゴルフシューズのロゴマークを塗りつぶしている写真を投稿。12日に就任したばかりだった会長代行の行動を、体操女子のシモーン・バイルス選手らが批判していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.