天気予報を見る
 
新聞購読申込

ラグビーW杯認知度68%/19年日本大会、過去最高

2018/10/12 19:00

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は12日、9月28日〜10月1日に行った調査で大会認知度の全国平均が68・3%だったと発表した。前回調査した昨年12月の56・3%からは12ポイント上昇し、15年9月に開始以降過去最高となった。

 20〜69歳を対象にインターネットで調査し、5万4855サンプルを得た。試合会場がある12都道府県の平均は約71%。組織委の嶋津昭事務総長は「大会への関心、期待が急速に高まってきていることを実感している。期待を熱気に変えていけるよう、一丸となって取り組む」とコメントした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.