天気予報を見る
 
新聞購読申込

ボクシング、岩佐が現役続行表明/8月にIBF王座を陥落

2018/10/12 16:48

 現役続行を明言し握手する岩佐亮佑(左)とセレス小林会長=12日、千葉県柏市
 現役続行を明言し握手する岩佐亮佑(左)とセレス小林会長=12日、千葉県柏市

 8月に国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級王座から陥落した岩佐亮佑(28)=セレス=が12日、千葉県柏市の所属ジムで記者会見し、現役続行を表明した。「ボクシング人生も、そんなに長くはない。全力疾走する」と意欲を語った。

 8月の2度目の防衛戦では、TJ・ドヘニー(アイルランド)に判定で敗れた。当初は引退に気持ちが傾いたが「のびのびやってどんな試合になるか、どんな結果になるか試したい」と決断の理由を説明。ドヘニーとの再戦も希望した。

 セレス小林会長は再起戦の日程は未定とした上で「大きな試合を交渉中。夢は海外で勝てる選手にすること」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.