天気予報を見る
 
新聞購読申込

バド協会が福島、桃田選手に注意/薬物抜き打ち検査時に自室に不在

2018/10/10 20:57

 バドミントンの女子ダブルス世界ランキング1位、福島由紀選手(岐阜トリッキーパンダース)がドーピングの抜き打ち検査時に味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の宿泊施設の自室におらず、日本協会が注意していたことが10日、分かった。今夏の世界選手権男子シングルス覇者の桃田賢斗選手(NTT東日本)の部屋におり、同選手にも注意した。銭谷欽治専務理事が明らかにした。

 銭谷専務理事によると、福島選手が自室にいなかったのは今年5月の代表合宿中の早朝。ドーピングの検査官は選手が事前に届け出た予定に基づき、予告なしに訪問する。福島選手は最終的に検査は受けたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.