天気予報を見る
 
新聞購読申込

競走馬、ゴールドアクターが引退/2015年の有馬記念優勝

2018/10/10 07:16

 2015年の有馬記念で優勝したゴールドアクター(7歳牡馬)の引退が9日までに決まり、北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬になることになった。

 戦績は24戦9勝。有馬記念を含めて重賞4勝を挙げたが、一昨年のオールカマーを最後に勝利がなかった。

 管理する中川公成調教師は「体はいい頃(有馬記念優勝時)の感じに戻ったが、最近はおとなしくなって、気持ちまで戻り切らなかった」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.