天気予報を見る
 
新聞購読申込

反ドーピング機関委員長が反論/ロシア処分解除への批判に

2018/09/25 19:40

 【バクー共同】世界反ドーピング機関(WADA)のリーディー委員長は24日までに声明を発表し、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)の資格停止処分を条件付きで解除したWADA理事会の決定の正当性を訴えた。ロシア側に一部譲歩した決定に非難が相次ぐ中「解決に向けた意味ある前進」と反論した。

 同委員長は、ロシア側の金銭的な懐柔に屈したと指摘する声を真っ向から否定。不正の温床となっていたとされるモスクワの検査所が保管する検体やデータの提供を引き出す決定は「問題に終止符を打つチャンスで見送りはできなかった」などとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.