天気予報を見る
 
新聞購読申込

木村と田中、前日計量1度でパス/WBO世界戦に向け

2018/09/23 15:38

 WBOフライ級タイトルマッチの調印式を終え、ポーズをとる木村翔(左)と田中恒成=23日、名古屋市
 WBOフライ級タイトルマッチの調印式を終え、ポーズをとる木村翔(左)と田中恒成=23日、名古屋市

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ(名古屋市武田テバオーシャンアリーナ)の調印式と前日計量が23日、名古屋市内で行われ、王者の木村翔(青木)は制限体重より200グラム軽い50・6キロ、挑戦者で同級1位の田中恒成(畑中)は50・7キロで、ともに1度目でパスした。

 29歳の木村は記者会見で「日本人同士の頂上決戦に恥じない試合をしたい。もちろん僕が3度目の防衛を達成する」と笑顔で語った。世界最速に並ぶ12戦目で世界3階級制覇を狙う23歳の田中は「やることはやってきたので、自信を持って臨める。勝てば新たな強さを手に入れられる」と意気込んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.