天気予報を見る
 
新聞購読申込

山県亮太が10秒01で3連覇/桐生祥秀は2位、実業団陸上

2018/09/23 15:20

 男子100メートル決勝 10秒01で3連覇を果たした山県亮太(手前)。右隣は2位の桐生祥秀=ヤンマースタジアム長居
 男子100メートル決勝 10秒01で3連覇を果たした山県亮太(手前)。右隣は2位の桐生祥秀=ヤンマースタジアム長居

 男子100メートル予選 10秒34で準決勝に進んだ山県亮太(左)=ヤンマースタジアム長居
 男子100メートル予選 10秒34で準決勝に進んだ山県亮太(左)=ヤンマースタジアム長居

 陸上の全日本実業団対抗選手権最終日は23日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで行われ、男子100メートルはジャカルタ・アジア大会銅メダルの山県亮太(セイコー)が無風の条件下、10秒01で3年連続3度目の優勝を果たした。日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は10秒22で2位だった。

 山県は予選で10秒34、準決勝で10秒14、桐生は予選で10秒42、準決勝で10秒21だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.