天気予報を見る
 
新聞購読申込

サーフィン、日本が団体初優勝/ワールドゲームズ

2018/09/22 15:39

 団体で初優勝し、喜ぶ日本の(左から)村上舜、橋本恋、黒川日菜子、川合美乃里=愛知県田原市大石海岸
 団体で初優勝し、喜ぶ日本の(左から)村上舜、橋本恋、黒川日菜子、川合美乃里=愛知県田原市大石海岸

 2020年東京五輪の追加種目、サーフィンの世界選手権に相当するワールドゲームズ(WG)は22日、愛知県田原市大石海岸沖で最終日が行われ、男女の個人戦成績の合計で争う団体で日本が3368点で初優勝した。2位はオーストラリアで3位は米国。

 男子は五十嵐カノアが日本勢史上最高の2位、村上舜が4位、大原洋人が9位に入って他チームを引き離した。女子は黒川日菜子が11位、橋本恋が13位、川合美乃里が16位だった。

 女子決勝はサリー・フィッツギボンズ(オーストラリア)が9点台を2回マークし、18・64点で優勝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.