天気予報を見る
 
新聞購読申込

選手の理解は困難とJADA専務/反ドーピング、ロシア処分解除に

2018/09/21 16:46

 浅川伸JADA専務理事
 浅川伸JADA専務理事

 ロシアの国ぐるみのドーピング問題で、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の浅川伸専務理事は21日、世界反ドーピング機関(WADA)がロシア側から検査データを提供される前に、同国反ドーピング機関(RUSADA)の処分を解除したことについて「アスリートから理解を得ることは難しいのではないかと感じている」との見解を示した。

 WADAは資格回復の条件の一つだった検査データ提供についてロシア側から確約を得たとし、期限を年末に設定。ただ実現はこれからで、問題の全容解明に完全に道筋がついたとは言えない状況だ。国際スポーツ界では処分解除に批判の声も出ている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.