天気予報を見る
 
新聞購読申込

競泳の古賀選手、CAS提訴へ/資格停止4年に不服

2018/09/20 12:32

 古賀淳也選手
 古賀淳也選手

 国際水泳連盟のドーピングパネルが競泳男子の古賀淳也選手(31)=第一三共=に4年間の資格停止処分を科す方針を固めたことについて、古賀選手側が処分を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する意向であることが20日、分かった。

 2016年リオデジャネイロ五輪代表の古賀選手は3月のドーピング検査で尿検体から筋肉増強効果のある禁止物質が検出された。8月下旬の国際水連の公聴会では意図的な違反でないことなどを主張し、原則4年となる資格停止の軽減を求めたが、受け入れられなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.