天気予報を見る
 
新聞購読申込

「聖地」花園リニューアル/ラグビーW杯まで1年

2018/09/20 11:24

 改修工事を終えた花園ラグビー場=20日午前、大阪府東大阪市
 改修工事を終えた花園ラグビー場=20日午前、大阪府東大阪市

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催を1年後に控え、大規模な改修工事を終えた花園ラグビー場(大阪府東大阪市)が20日、報道陣に公開された。同ラグビー場はラグビーの「聖地」として知られる。

 東大阪市の野田義和市長は「開催1年前に改修できたことは感無量。間近でプレーヤーが汗を流してぶつかりあう感動をたくさんの人に味わってほしい」と話した。

 リニューアル後初となる試合は、来月26日の日本代表対世界選抜戦で、同ラグビー場で初めてナイター試合が行われる。

 W杯では、同ラグビー場でイタリア対ナミビアなど4試合が開催される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.